読み物

新潟県産コシヒカリの一等米比率が低下!? 等級による食味の違いはあるのか

新潟県産コシヒカリの一等米比率が低下!? 等級による食味の違いはあるのか

異常なほどの猛暑と渇水に見舞われた2023年夏。人間にとって過酷な気候は、稲の生育にも大きな影響を与えました。収穫期を迎えて、メディアでは「一等米比率過去最低」や「品質が大幅に低下」などが報じられるようになりました。米の外観により格付けされる等級は「米の美味しさ」にどの程度影響するのでしょうか。

おてつたび体験談 おてつびとの声

おてつたび体験談 おてつびとの声

「日本には、まだまだ驚くほど魅力あふれる地域があります。」こんな心揺さぶられるメッセージで始まる「おてつたび」は「お手伝い」と「旅」を掛け合わせた造語で、人手不足で困っている地域と、地域で働きたい旅人を繋ぐサービスです。 こちらでは、おてつたびを利用し、あぐりいといがわに触れていただいた「おてつびと(おてつたび参加者)」の体験談を掲載しています。

農業体験記 参加者の声

農業体験記 参加者の声

わたしたちに届くお客さまからの喜びの声。それは私たちにとって何よりのご褒美であり、明日に向かうモチベーションとなるものです。 こちらでは、田植えや稲刈りなど農業体験に参加されたお客さまからの、農業用機械の機能や作業の大変さに驚いたり、収穫の喜び、やり終えた達成感などなど、体験を通じて得られた農業への想いをご紹介しています。

「誰かの『特別』になった愛おしいほど魅力あふれる地域が日本中に広まってほしい」  あぐりいといがわ×おてつたび 特別対談

「誰かの『特別』になった愛おしいほど魅力あふれる地域が日本中に広まってほしい」 あぐりいといがわ×おてつたび 特別対談

お手伝いで地域と旅人をつなぐ新たな旅の形「おてつたび」。 今回は「おてつたび」を利用したあぐりいといがわの青木 仁と、「おてつたび」の代表の永岡里菜さん、広報PRの園田稚彩さんとの鼎談を実施。「誰かにとって特別で、愛おしいほど魅力的な地域が日本中に広がるには」という大きなテーマについて、一緒に考えていきます。